未分類

がん治療を前向きに検討するサイト

未だにがんについての画期的な治療法は見つかっていません。
万が一、自分あるいは身近な人ががんになってしまったらどうしたらいいのでしょうか?
これからご紹介する(がん治療と向き合うための情報サイト)→こちらのHPで勉強しましょう。

「がん」と診断されても早期に発見し治療を始めれば、治る病気であることをまず認識しましょう。
こちらのサイトは、がんとがん治療にまつわる総合的なサイトを紹介しています。

まずは「がん」を知ることから始まります。
細胞は遺伝子からなっていて、正常な遺伝子はおよそ230000種類と言われています。
それに反しがんになる遺伝子は766種類あると言われています。
遺伝子自体は蛋白質の組み合わせからなっており、生命の維持や誕生にはなくてはならないものですが、その遺伝子が傷つくことにより細胞ががんに変化してしまうのです。

がんの種類はとても多く、時々、「へーそんなところにもがんはできるの」と思うこともあります。
転移も考えると体のほとんどの部位にがんの発生は考えられます。

また、がんの中には「悪性」と「良性」があるのは知られていますが、それを判別する検査方法は一般的に腫瘍マーカー検査と呼ばれているものです。この検査方法でほとんどのがん検査が可能です。